ハイブリッドマスターという資格について紹介します。

以前の記事でトヨタ検定を保有している整備士さんの見分け方についてご説明しましたが、今回はもう1つ!この時代には欠かせないと言っても過言ではない、資格があります。

『ハイブリッドマスター』という資格です。

トヨタディーラーにハイブリッド車のメンテナンスを頼むときに、特にハイブリッド車に詳しい整備士さんがお店にはいます。今回はそんなハイブリッドマスターを保有する整備士さんの見分け方とハイブリッドマスターとは何かについて簡単にご説明いたします。

 


『ハイブリッドマスター』という資格について

 

初代プリウスをはじめにハイブリッドカーという車が登場してから、今だに続いている低燃費思考ですがそれに続くように、ハイブリッドカーの構造や作動などを理解し、適切なメンテナンスができる整備士を育てなければいけないということで、『ハイブリッドマスター』という資格ができました。

私は保有していませんが、現役時代停電圧講習ならぬものを受けてハイブリッドカーの車検や定期点検などに携わったことがあります。基本的な構造はガソリンエンジン車と変わりありませんが、ハイブリッドバッテリー、モーター、ジェネレーターなどハイブリッド車特有の部品があるのでそう言った部品の交換、メンテナンスができないといけないわけです。

ハイブリッドマスターはトヨタ検定1級に合格している人でしか資格試験を受けられません。つまり合格すると通常の車の取り扱いや接客応対のスペシャリストでありながら、ハイブリッド車のスペシャリストであるということになります!もうこの時代に車のことならわからないことなんてありませんという感じですね。

 


『ハイブリッドマスター』を保有している整備士さんの特徴

 

特徴は見てすぐにわかります、整備士さんが着ているツナギの胸元に見覚えがあるワッペンがあります。

ハイブリッドカーなどを普段から乗られている方ならわかりやすいと思いますが、よくトヨタのハイブリッドカーのバックドアに『HYBRID』のロゴみたいなのがついてるのを目にしたことがあると思います。

そうです!それとほとんどそっくりなワッペンが整備士さんの胸元にあるではありませんか!

胸元に『HYBRID Master』のワッペンを見かけたらそれが目印です!

もうお分かりの通りそのワッペンがハイブリッドマスター資格の保有者になります!ハイブリッド車のことでわからないことがあった際などは色々聞いて見てください!

 


最後に

 

お分かりいただけたでしょうか?トヨタは日々技術力向上やサービス内容などの改善に日々切磋琢磨しています。私が現役の頃も本当にいろんな研修を受けましたが、どれも質が高いと感じました。入社したての研修で2〜3ヶ月くらいだったでしょうか、毎日いろんな研修があったのを覚えています。整備士は体力が無いといかん!などの理由で大井競馬場前駅近くの川を3〜5kmくらいだったでしょうか?走らされたのを今でも覚えています(笑)大切なお車の整備、とにかく安心して任せられる整備士さんにお願いしたいという方は、試して見てください!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です