元オートオークション検査員が教える、業者オークションを利用するメリット

車を買うと言ったら、まず思い浮かぶのがディーラーや中古車販売店での新車または中古車の購入ですよね?

一般の方は利用している方というのはあまり見かけませんが、余程車好きな方なんかは近くの中古車販売店や街の車屋さんなどに依頼して業者オークションなどで車を競り落としてきてもらうなんてこともしています。

しかし認知度が低い!代行料金などが高いためか利用される方は少ないのです。

そんな業者オークションについて、実際に検査員として務めていた時の経験もふまえてお話しします!

 


業者オークションて何?

 

まずは業者オークションについてのお話しします。名前のとおりなのですが、一般の方が参加することは不可能なオートオークションです。つまりカーディーラー、中古車販売店、輸出入業者などが参加する法人向けの車のオークションです。そして取引のために車を置く場所や設備などを提供してる会社がいくつか存在します。

代表的なのが『USS』、『TAA』、『HAA』『NAA』などでしょうか?中でもUSSは日本では業界最大手の会社です。

・USS(ユーズドカー・システム・ソリューションズ)

・TAA(トヨタ・オート・オークション)

・HAA(ホンダ・オート・オークション)

・NAA(日産・オート・オークション)

このような取引を行う場所はなかなか目にする機会はありませんよね?私も実際輸出関係の会社に務めていた友人から知りましたので、それまでは全く知らなかったのです。

千葉県の野田市にUSSの東京会場がありますが物凄い台数の中古車が置かれています。近くを通るだけでもその広さに圧倒されてしまいます。日本一大きい会場なので収容台数が半端じゃなかったです。

 


業者オークションで取引される車両

 

オークションで取引される車両はどこからくるのか?様々な種類がありますが、台数的に多く出品されているのがやはりディーラーでしょう。つまりお客様から下取りした車や買い取った車です。ディーラーなどは知名度も高いので抱えている台数もかなり多いです、あとは街の自動車屋さんや中古車販売店、輸出入業者などでしょう。面白いのが逆輸入されてきた車と出会えることです。つまり同じトヨタでも海外でしか販売されていないレアな車両にも出会えたりします。ざっと箇条書きであげてみましょう。

 

・逆輸入された車(欧州仕様のハリアーなど)

・パトカー、救急車、産業廃棄物処理車、パッカー車(普段目にはしているが、まじまじと目にする機会は無い)

・高級車(ランボルギーニ、フェラーリ、ベントレー、特別仕様車など)

・改造車(走り屋などが乗っていた車)

・新古車(真新しい車です、なんで売ったんだろう……..)

・不動車(基本的に壊れています、被災地などからくる車も多いです)

以前銀色のフェラーリを出品されている業者さんを見かけたました、その業者さんが芸能人や会社の社長さんなどを主に取引相手としている業者さんだったのですが、走行距離がたったの2kmのフェラーリだったので何故出品されたのか聞いたところ、そのフェラーリを所有していたのが大企業の社長さんの息子だったそうで、誕生日のお祝いに特別仕様のフェラーリを購入してもらったんだとか、2km走って飽きたらしく、すぐに売りに出してしまったんだとか…………….次元が違う世界ですね笑

このようにいろんな車の出品があります。オーナーの希望で独自にカスタマイズされた車両にも出会える機会があるので凄く面白いです。

 


業者オークションで取引される車両の程度は?

 

正直ピンからキリまで様々です。出品れているコーナーによっても程度は変わってきてしまいますがコーナーに関しては売り切り価格が低く設定せれているからと言って決して全てが良い車、悪い車だとは言い切れません、これに関してはプロの目による判断が大きく関わってきます。

例えば20万売り切りの車でエンジンがかからないという車があっても、それが単純にバッテリー上がりやプラグの磨耗程度でかからないというレベルなら落札しても多少の交換費用ですみます。ここで前提として考えなければならないのはそのほとんどが中古車であるということ!出品票に書かれている点数や記載のある内容もあてにできません!あくまで参考なんですね。これは全て人間の手で検査が行われているからです。絶対はないということです。

実際に検査が行われていても、点数が正確ではないなんてことだってあります。出品者は車を高く売りたいので少しでも検査時に拾われたボディのキズや凹み消して欲しいという内容の電話がよくありました、ただこれをしてしまうと相場に影響が出てしまいかねないのと、落札した後にクレームなんてことになりかねないのでお断りしています。

 


業者オークションの利用価値について考えてみる

 

ここで一般の方向けに業者オークションの利用価値について考えて見たいと思います。

実は業者オークション以外に一般の方々が利用できるオークションがあります!最近だとカープライス やユーカーパックなどでしょう。売ることメインでの利用価値はありますが、買うとなると業者オークションの方が圧倒的に良いと私は考えています。これは業者オークションよりも最近出てきたネットオークションなどは稀にですが希少価値が高いものが出品されていたとしてもまだまだ台数的には業者オークションには及ばないということがあげられるからです。前述した通り芸能人や大企業の社長さん相手に取引する業者さんが買い付けた車などを最近出てきたネットオークション会社に出品したいと考えるでしょうか?私なら多少融通が利き、信頼のある会社に出品したと思います。つまり信用的な部分についてということです。車が好きな方、希少価値が高くレアな車に乗りたいと言った方なら業者オークションの利用をお勧めしたいと思います。また希少価値ある車ではなくてファミリーカーやコンパクトカーでも結構良い車も存在します。ロングランでの購入はお勧めできないかもしれませんが、あとは費用対効果の面でオークション代行をしてくれる業者さんと相談した方が良いと思います。

 

売るなら=ネットオークション

買うなら=業者オークション(希少価値が高い車狙いなら)

と言った感じですね!

余談ですが……………ネットオークションでは下見ができないということがあげられます、つまり売る側からすると関係のない話のように聞こえますが、買う側からするとネットで上がってきた出品票や車の写真でしか車の状態を判断できないのです。業者オークションではオークション当日などで下見が可能です。つまり車の状態を見て触って購入するか検討することができます。ネットオークションではそれができないので車を検査する業者さんには必然的に高い検査レベルが求められます。その辺りでネットと業者には差があるように感じました。

 


まとめ

 

用途によってですが前述した通り希少価値が高い車に乗りたいという理由なら、業者オークションを利用するメリットはあると思います。ただ一般の方は直接業者オークションを利用することができないので近くのディーラーや中古車販売店、町の車屋さんにオークション代行をしてもらう必要があります。代行料は相場が約5万円と決して安くはありません、お財布との相談になりますがそれでもレアな車が市場に出回る前に確保したいというなら参加をオススメしたいと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です