東京オートサロン2019トヨタGAZOO Racingブースの存在感が凄い!!

愛車を高く売って、新車を安く買おう!

ディーラーでは下取り金額が30万円だったのが

買取り業者では70万円になることもあります。

1回の査定で大手下取り会社10社が買取価格を競ってくれるので

買取価格が跳ね上がるんです!

2019年1月11日〜13日に千葉・幕張メッセを会場に東京オートサロン2019が開催されています。

今回で37回目の開催になりますが、出展された車両の台数は906台以上と過去最高に規模になります。そんな世界最大規模のカスタムカーの祭典に筆者も潜入してきました。

中でも目立っていたのが『TOYOTA』の『GAZOO Racingブース』です。とんでもない人集りの中に『GRスープラスーパーGTコンセプト』、『新型スープラ』などなど注目の車が展示されていましたので紹介していきたいと思おいます。

東京オートサロンの歴史

 

 

東京オートサロンは、1983年にチューニングカーマガジン「OPTION」誌初代編集長が、カスタムカー文化を世に広めるべく「東京エキサイティングカーショー」としてスタート。
1987年の第5回からは「東京オートサロン」に名称を変更し、会場も晴海から有明、そして幕張メッセと開催場所を変え、年々規模を拡大。
近年では自動車メーカーも出展し、オートサロンに合わせて新車発表を行なったり、各種パーツの展示販売や、レーシングマシンのデモラン、豪華アーティストが出演するライブステージを開催するなど、コアな自動車ファンだけでなく、自動車を利用する家族連れでも十分に楽しめるビッグイベントにまで変化発展してきました。

東京オートサロンは世界三大モーターショーの1つと言われ続いてフランクフルトモーターショー、北米国際オートショーなどが並びます。いずれもメーカーの新車の発表の場ではあるのですが、市販化されない車の展示や漫画や映画なども取り上げられていたりと最近はエンターテインメントにも力を入れてきています。

スポンサーリンク

TOYOTA GAZOO Racingブース

 

◆GR Supra superGT Consept◆

トヨタのGAZOO Racingのブースに展示されている『GR Supra superGT Consept』です。

とにかくカッコイイの一言につきます。国内レースにおいてスープラは、SUPER GTの前身である全日本GT選手権(JGTC)から12年間に渡って参戦し、4度のシリーズチャンピオンを獲得しました。その間、記憶に残る幾多の戦いを繰り広げ、今でも語り継がれるクルマとして、ファンの皆様に愛され続けています。
そして、スープラの復活に合わせて再びSUPER GT GT500クラスに参戦してくれるとのことです。

スープラがレーシングカーとして蘇るのは実に16年ぶりのことです。そのスープラが久々の復活ということでGAZOO Racingのブースは筆者も撮影するにも一苦労なくらい凄い盛り上がりを見せておりました。

引用:https://twitter.com/TOYOTA_GR/status/1084238622000242688

この流線型の滑らかなボディライン、空気抵抗を極限まで減らすために考えられたフォルム、そしてGAZOO Racingの代表的なカラーとも言える赤・黒・白のバランスのとれた配色がGRSupraの格好良さを際立たせてくれているようにも思えます。

前から思っていたのですがGRのロゴってカッコイイですよね?

スポンサーリンク

GAZOO Racingのブースの公開車両

 

◆GRMNセンチュリー◆

トヨタのGAZOO Racingのブースにはその他にも目玉の展示車両があります。そのいくつかを紹介して行きたいと思います。その1つが『GRセンチュリー』です。この車両はなんと世界にたったの2台だけという代物!展示されていたのはブラックカラーのセンチュリーですがホワイトカラーのセンチュリーもあるとのことで、そちらの方はトヨタ自動車の豊田章男社長の自家用車とのことです。

フロントフェイスだけ見ているとロールスロイスを思わせるような顔ぶりです。バンパー付近の赤いラインとグリルのGRのロゴが入っていてカッコイイのと、全体的に角が無いボディが好印象でした。

またナンバーの数字を見て気づいた方はどのくらいいるかわかりませんがこの『1867』という数字……………、トヨタ自動車の根源とも言える豊田自動織機製作所の創業者『豊田佐吉さん』の誕生日の西暦と同じなんです。この辺は現豊田社長の思いを感じました。

 

こちらはGRセンチュリーのリアです。GRMNのロゴもきちんと入っています。

GRMNはトヨタのモータースポーツカーブランドGRの最上級仕様ですが独自にカスタマイズされたものかと思います。豊田社長のGRセンチュリーも同様でおそらく色違いなだけと想像することから、こちらもハイブリッド使用かと思われます。

ちなみに市販化の予定は無いとのこと…………..。

 

◆GRMN マークX◆

こちらは東京オートサロン開催と同時に発売が開始されたGRMNマークXです。全国限定350台での発売!マークXはGR出なくても知っている方知っている………..乗り心地、運転のしやすさといえばセダンの中では一番良かったと個人的には思います。

今回発売されたGRMNですがパワートレーンはそのままとのことで細かい部分に手を加えているとのことです。

TGR公式アンバサダーの脇阪寿一さんの試乗インプレッションも上がっています↓

 

通常のV6自然吸気ユニット+6速マニュアルに加えて、専用チューニングされたボディ、サスペンション、ブレーキ!

販売期間は~2019年9月30日までとなっています。早いもの勝ちですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回開催された東京オートサロン2019、流石は世界3大カスタムカーショーと呼ばれるだけあって凄い賑わいを見せていました。中でも今回紹介したトヨタのGAZOO Racingのブースは一番凄い人集りができていたのも全てはこのGRスープラが存在するからと言っても過言じゃありません。スープラのファンは今か今かと発売を心待ちにしているはずです。

東京オートサロンは東京モーターショーと違いカスタムカーショーがメインではありますが最近は新車の発表の場としても使われていたりなど目が離せない祭典となってきました。近年では家族連れでも楽しんでもらえるようなイベントも開催していますので、まだ行かれたことがない方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

愛車を高く売って、新車を安く買おう!

ディーラーでは下取り金額が30万円だったのが

買取り業者では70万円になることもあります。

1回の査定で大手下取り会社10社が買取価格を競ってくれるので

買取価格が跳ね上がるんです!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です