東京オートサロン 2019 フォトギャラリーまとめ

愛車を高く売って、新車を安く買おう!

ディーラーでは下取り金額が30万円だったのが

買取り業者では70万円になることもあります。

1回の査定で大手下取り会社10社が買取価格を競ってくれるので

買取価格が跳ね上がるんです!

この記事では2019年1月11日〜13日まで千葉幕張で開催された東京オートサロン2019で筆者が撮ったフォトを紹介しています。全てのブースは周っていないため、筆者の個人的に気になったブースや車両を紹介しています。

スポンサーリンク

トヨタ:GAZOO Racingブース

 

GRスープラのカモフラージュ柄です。もう市販型と特別区別がつかないような気もするのでこれが最終型といっても過言では無いと思います。

ここまでくるとカモフラージュする意味も分かりません。

こちらはセンチュリーGRMNです。このホワイトバージョンもありますが、そちらは豊田社長の自家用車になります。別の記事でも紹介しましたが、このナンバープレートの番号はトヨタ自動車の創業者『豊田佐吉さん』の誕生西暦と同じになります。

リア周りはなぜか見ていると懐かしい気持ちになるのは何故か?ひと昔前のグロリアを思い出してしまいます。

こちらはマークXGRMNです。しかも東京オートサロンで展示された日から発売とのことになりました。限定生産のため注文できる台数にも限りがありますが、この車にはトヨタの未来の技術が詰め込まれているんだとか…………………。

そしてGRスープラスーパーGTコンセプトも展示。果たしてラリーではどんなすごい走りを見せてくれるのでしょうか?フロントのバンパー付近についているエアロがカッコいいですね。

スポンサーリンク

日産ブース

 

やっぱり目立ちますね。もう戦車です。日産のジュークを改造されたものですが、どの記事でも目が止まるくらいのインパクトはかなりあったと思います。

こちらはエルグランドにGT-Rの特徴を移植したものになります。カラーもGT-R専用色のアルティメイトシャイニーオレンジです。外装だけでなく足回りもGT-R専用のパーツを使っています。参考価格で331〜816万円もするそうです。

こちらはグランドスラムで日本人初の女子シングルス優勝を果たしたプロテニスプレーヤー大坂なおみ選手、同年9月に日産のブランドアンバサダーに就任したことを記念して設定された特注のGT-Rです。もう画像から分かるように輝き具合がハンパじゃありません。

ちなみにこちらのGT-Rは50台限定で発売されるとのことですが、凄いプレミアがつきそうですね!

そちらはこちらはノートe-powerのNISMO’s仕様です。既に販売されていますが、日産の公式HPでも細かい概要は紹介されていますので気になる方は一度見てみると良いかもしれません。通常のノートのスペックにNISMO’s仕様のパーツが入っているため走りに特化したノートになります。

セレナオーテック!オーテックに関してよく分からないという方はこちらの記事でも紹介しています▶︎新型セレナとオーテックの違い

このオーテック専用色であるカスピアンブルーが非常に良い色ですよね。ちなみにこちらの価格は299万円からとなっています。セレナは家庭があるママさんパパさんから絶大な人気を誇っていますが、ミニバンでも相当な売れ行きがあります。e-powerの静粛性がありパワーのある走りが人気のようです。下取りでもオーテックならいい値段が付きそうです。

スポンサーリンク

スズキブース

 

今年の東京オートサロンはびっくりするほどカスタマイズされたジムニーが多かったというくらいジムニー祭り状態でした。発売されて半年くらいでしょうか?納車待ちのユーザー様の心を温めてくれたに違いない今回の東京オートサロン。ジムニーってこんな遊び方があるんだっていうことを間近で体感できたような気がします。

スズキのブースで注目を集めていたのがジムニーシエラピックアップスタイルです。ボディに一部ウッド調のパネルが見えることから自然と車の一体感みたいなものを感じます。荷台にたくさん物が詰めるようなスタイルへと変化しているため、DIYを楽しむにはうってつけのスタイルでしょう。やっぱりジムニーってすごいね。

もちろんハスラーさんもいます。今やアクティブユーザーから絶大な人気を誇る車の1つです。

 

アニメ・映画関係

 

映画『ワイルドスピード』の最新作の公開に先立ち、ワイルドスピードの専用ブースまでございました。車好きなら一度は見たことあるであろうという映画!初めての作品では80スープラも登場していましたね!

最新作は私も必ず拝見させていただいております!最新作の『ワイルドスピード HOBBS & SHAW(原題)』は今年夏公開です!

そしておなじみ『イニシャルD』でございます。こちらも車ファンなら見逃せない!イニシャルD仕様の86が展示されていました。しかし………….何故白黒のカラーではなかったのか?藤原豆腐店のロゴが入っていないなど少し腑に落ちない部分もありましたが、カッコいい!これマニアなら1台欲しいと思う車かもしれません。

現在の法律ではリトラクタブルは安全上の問題で法律で禁止されております。やっぱり86といえばあのリトラクタブルライトが印象的でしたが、もう復活することはないのですね………..。

新型の86さんがきっと伝統を継承していくことでしょう。

スポンサーリンク

その他展示車両紹介

 

スバルインプレッサWRX STI

EDGEカスタマイズ

CH-Rカスタマイズ

んっ?!

フォードカスタマイズ(レース用)

GT-R(レース用)

こちらの車はピット作業でのタイヤ交換シーンをタイムアタックで公開していました。しかしハブナット1本なんですね…………。

FIの車両も間近でみる機会なんて粗相ありませんよね…………..。

スポンサーリンク

まとめ

今回は東京オートサロン2019で展示されていた車両について自撮り画像を加えて紹介してみました。

東京オートサロンはカスタマイズメインで出展されている車両の方が圧倒的に多いですが、最近ではメーカーの新車の発表の場としても使われているのも事実!しかし今回の出展台数は過去最大というから驚きです。昔はアミューズメント的な感じはあまりありませんでしたが、最近は若者の車離れもあってか子供でも楽しんでもらえるようなブース(トミカなど)も充実しています。開催されるのは毎年限って金土日の3日間なのでお休みも取りやすいはず!まだ足を運んだことがない方は是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

愛車を高く売って、新車を安く買おう!

ディーラーでは下取り金額が30万円だったのが

買取り業者では70万円になることもあります。

1回の査定で大手下取り会社10社が買取価格を競ってくれるので

買取価格が跳ね上がるんです!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です