トヨタ CH-Rのサイズ・エコカー減税まとめ!

この記事ではトヨタのCH-Rのサイズとエコカー減税についての情報をまとめて見ました。競合車種との比較についても触れていますので、これからご購入を検討されている方は是非参考にしてみてください。

この記事の信憑性としては筆者がディーラーに確認してきた内容になりますので問題は無いと思われます。

スポンサーリンク

トヨタ CH-Rのサイズは?

 

引用:https://toyota.jp/c-hr/exterior/?padid=ag341_from_chr_navi_exteriorhttps://toyota.jp/c-hr/exterior/?padid=ag341_from_chr_navi_exterior

昨年新しく発売されたトヨタのCH-Rですが、サイズ感気になっている方も多いのではないでしょうか?コンパクトSUVとは言っても実際の車両を目の当たりにして見るとそのサイズ感は違って見えてくると思います。

また、競合車種とのサイズ感の比較も重要です。CH-Rの購入を検討されている方の多くはホンダのヴェゼルと比較されている方が多いとのことでしたので、その点も含めて解説していきたいと思います。

 

CH-Rのサイズはグレードによる差は殆ど無し

 

引用:https://toyota.jp/c-hr/exterior/?padid=ag341_from_chr_navi_exterior

◼️寸法(ガソリン・ハイブリッド/2WD:特別仕様車も含む)

※青字の部分は2WDと4WDの異なる部分です。

◼️性能(ハイブリッド)

▶︎エンジン最高出力(kW[PS]/rpm):72(98)/5,200

▶︎エンジン最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm):142[14,5]/3,600

▶︎モーター最高出力(kW[PS]):53[72]

▶︎モーター最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm):163[16.6]

 

◼️寸法(ガソリン/2WD:特別仕様車も含む)

▶︎全長×全幅×全高(mm):4,360 × 1,795 × 1,550

▶︎ホイールベース(mm):2,640

▶︎トレッド F / R(mm):1,540 / 1,550

▶︎最低地上高(mm):140

 

◼️寸法(ガソリン/4WD:特別仕様車も含む)

▶︎全長×全幅×全高(mm):4,360 × 1,795 × 1,565

▶︎ホイールベース(mm):2,640

▶︎トレッド F / R(mm):1,540 / 1,550

▶︎最低地上高(mm):155

 

◼️室内寸法

▶︎長さ/幅/高さ(mm):1,800 / 1,455 / 1,210

スポンサーリンク

CH-Rとホンダヴェゼルのサイズ比較

 

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/styling/design/

競合車種のホンダヴェゼルとのサイズ感を比較してみましょう。

※()内の赤字はCH-Rの値です。

◼️性能

▶︎エンジン最高出力(kW[PS]/rpm):97[132]/6,600

▶︎エンジン最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm):156[15.9]/4,600

▶︎モーター最高出力(kW[PS]/rpm):22[29.5]/1,313-2,000

▶︎モーター最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm):160[16.3]/0-1,313

 

◼️ヴェゼルの寸法

▶︎全長(mm):4,330〜4,340 (4,360)

▶︎全幅(mm):1,770〜1,790 (1,795)

▶︎全高(mm):1,605 (1,550〜1,565

▶︎ホイールベース:2,610 (2,640)

▶︎トレッド F / R(mm):1.535 / 1.540 (1,540 / 1,550)

▶︎最低地上高(mm):170〜185 (140〜155

 

◼️ヴェゼルの室内寸法

▶︎長さ(mm):1.930 (1,800)

▶︎幅(mm):1.485 (1,455)

▶︎高さ(mm):1.265 (1,210)

 

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/common/pdf/vezel_spec_list.pdf

CH-Rの全高は1,565mmに対してヴェゼルが1,605mmなので、ややヴェゼルの方が車高が高いようです。その他幅長さと言った点でも、室内空間のゆとりはヴェゼルの方が広いのです。これは荷室などにも影響してきますが、奥行きなどはCH-Rと然程差はないものの、荷室の高さが低いとあまり大きいものは積めなくなってしまいます。

CH-Rは後ろ側のルーフが倒されているデザインの為、後席の空間が犠牲になっています。しかしTNGAなどの採用によりボディ剛性が高められたフレームならば安全面はしっかりしていることを考えると、CH-Rを選択するのもアリではないでしょうか?

スポンサーリンク

CH-RとマツダCX-3のサイズを比較

 

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/grade/

※()内の赤字はCH-Rの値です。

◼️性能

▶︎エンジン最高出力 (kW<PS>/rpm):85〈116〉/4,000

▶︎エンジン最大トルク(N・m<kgf・m>/rpm):270〈27.5〉/1,600-2,600

 

◼️CX-3の寸法

▶︎全長(mm):4,275 (4,360

▶︎全幅(mm):1,765 (1,795)

▶︎全高(mm):1,550 (1,550〜1,565)

▶︎ホイールベース(mm):2,570 (2,640)

▶︎トレッド F / R(mm):1,525 / 1,520 (1,540 / 1,550)

▶︎最低地上高(mm):160 (140〜155)

 

◼️CX-3の室内寸法

▶︎長さ(mm):1,810 (1,800)

▶︎幅(mm):1,435 (1,455)

▶︎高さ(mm):1,210 (1,210)

CH-Rの方が全長が長い分CX-3よりもクーペ気味でスポーティーな形状をしています。全体的なサイズは幅と長さがある分、CH-Rの方が大きいようです。後方視界に関しては両者とも決して良いとは言えません。

 

引用:https://toyota.jp/c-hr/exterior/?padid=ag341_from_chr_navi_exterior

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/design/

両者を横から見比べてみるとCH-Rの方がリアウィンドウの傾斜がキツいのがよく分かります。筆者も乗り比べて分かったことですが、後方視界に関してはCX-3にやや部がアリと言った感じです。

そして荷室スペースですが……

引用:https://toyota.jp/c-hr/interior/comfort/?padid=ag341_from_chr_in_comfort02#

↑※画像はCH-Rのラゲッジスペースの画像です。↑

CH-Rの方が長さと幅を効かせている分、ゆとりがあるように感じます。先程の2車種の画像を見てみるとCH-Rはバックドアからセンターピラーまでの長さがCX-3より少し長くとられている分少し奥行きがあります。

そしてこの2車種の決定的な違いと言えばCX-3にはディーゼルエンジンのラインナップがあることです。しかしながらCX-3の2WDのモデルで燃費が20.0〜23,2km/lとなり、対するCH-Rはハイブリッドのモデルで30,2km/lと差があるように燃費性能においてはCH-Rの方が勝ります。デザインなどの好みは別れると思いますが、性能的にはどちらが良いかは明白ではないでしょうか?

スポンサーリンク

トヨタ CH-Rのエコカー減税はハイブリッドのみ!

 

引用:https://toyota.jp/c-hr/exterior/?padid=ag341_from_chr_navi_exterior

CH-Rのエコカー減税は昨年までだとガソリン車モデルも一部減税対象になっていましたが、今年はガソリン車は減税対象外とのことでした。自動車税(自動車グリーン税制)に関しては、現在来年度適用分は国会で審議中とのことでしたので正確な金額は2019年度末に公開されるとのこなので、こちらも分かり次第更新して参ります!

※今回公開する自動車税は2019年3月までの適用分になります。現在のところ概ね50%適用となります。

それではグレード別に紹介していきます。

 

G(1.8L+モーター)

◼️車両本体価格 (税込):2,929,200円

◼️自動車重量税減税額:約 36.900円 ▶︎100%減税

◼️自動車取得税減税額:約 73,200円 ▶︎100%減税

◼️自動車グリーン税制(自動車税):約 19,000円 ▶︎50%減税

 減税合計・・・約 129,100円

 

S“LED Package”(1.8L+モーター)

◼️車両本体価格 (税込):2,670,000円

◼️自動車重量税減税額:約 36.900円 ▶︎100%減税

◼️自動車取得税減税額:約 66,700円 ▶︎100%減税

◼️自動車グリーン税制(自動車税):約 19,000円 ▶︎50%減税

 減税合計・・・約 122,600円

スポンサーリンク

S(1.8L+モーター)

◼️車両本体価格 (税込):2,614,000円

◼️自動車重量税減税額:約 36.900円 ▶︎100%減税

◼️自動車取得税減税額:約 65,300円 ▶︎100%減税

◼️自動車グリーン税制(自動車税):約 19,000円 ▶︎50%減税

 減税合計・・・約 121,200円

 

特別仕様車(1.8L+モーター)

◼️車両本体価格 (税込):2,979,200円

◼️自動車重量税減税額:約 36.900円 ▶︎100%減税

◼️自動車取得税減税額:約 74,400円 ▶︎100%減税

◼️自動車グリーン税制(自動車税):約 19,000円 ▶︎50%減税

 減税合計・・・約 130,300円

 

CH-Rを購入するならエコカー減税対象になるハイブリッドがおすすめですが、エコカー減税が有る無しで車を選ぶという方は割と少ないと思います。しかしあれば嬉しいというものです。

ぜひ参考にして、新車でCH-Rを手に入れてください!

 

愛車を高く売って、新車を安く買おう!

ディーラーでは下取り金額が30万円だったのが

買取り業者では70万円になることもあります。

1回の査定で大手下取り会社10社が買取価格を競ってくれるので

買取価格が跳ね上がるんです!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です