トヨタ 新型 86燃費まとめ[グレード別に公開]

 

愛車を高く売って、新車を安く買おう!

ディーラーでは下取り金額が30万円だったのが

買取り業者では70万円になることもあります。

1回の査定で大手下取り会社10社が買取価格を競ってくれるので

買取価格が跳ね上がるんです!

トヨタ 新型 86の燃費が公開されています。新型86のエンジンはスバルが開発した『水平対向エンジン』ですが、昔から水平対向エンジンは燃費が悪いという噂が流れています。実際のところはどうか気になってきますよね?ご参考までにどうぞ。

86は典型的なスポーツカーなので燃費を気にして乗るという方はあまりいないと思われますが、燃費はオーナーの懐事情に直結する大事な要素の1つです。お財布も燃費良くと行きたいものです!

スポンサーリンク

トヨタ 新型 86の燃費公開(グレード別)

 

引用:https://toyota.jp/86/

 

86の燃費をグレード別に見ていきましょう。

赤字がAT、青字がMTの燃費です。

G

 

引用:https://toyota.jp/86/grade/

スペック

・燃料:ハイオク
・車両重量:1.2301.210kg
・車両総重量:1,4501.430kg
・燃料タンク:50L
・排気量:1.998L

 

AT〜6速MT(カタログ燃費)

・WLTCモード:12.012.8km/L
・市街地モード:7.58.8km/L
・郊外モード:12.813.7km/L
・高速道路モード:15.215.1km/L

 

GT

引用:https://toyota.jp/86/grade/

スペック

・燃料:ハイオク
・車両重量:1.2601.240kg
・車両総重量:1,4801.460kg
・燃料タンク:50L
・排気量:1.998L

 

AT〜6速MT(カタログ燃費)

・WLTCモード:11.812.8km/L
・市街地モード:7.58.8km/L
・郊外モード:12.513.7km/L
・高速道路モード:14.915.1km/L

 

GT“Limited”

引用:https://toyota.jp/86/grade/

スペック

・燃料:ハイオク
・車両重量:1.2601.240kg
・車両総重量:1,4801.460kg
・燃料タンク:50L
・排気量:1.998L

 

AT〜6速MT(カタログ燃費)

・WLTCモード:11.812.8km/L
・市街地モード:7.58.8km/L
・郊外モード:12.513.7km/L
・高速道路モード:14.915.1km/L

 

GT“Limited・Black Package”

 

引用:https://toyota.jp/86/grade/

スペック

・燃料:ハイオク
・車両重量:1.2701.250kg
・車両総重量:1,4901.470kg
・燃料タンク:50L
・排気量:1.998L

 

AT〜6速MT(カタログ燃費)

・WLTCモード:11.812.8km/L
・市街地モード:7.58.8km/L
・郊外モード:12.513.7km/L
・高速道路モード:14.915.1km/L

 

特別仕様車 GT“British Green Limited”

 

引用:https://toyota.jp/86/grade/

スペック

・燃料:ハイオク
・車両重量:1.2601.240kg
・車両総重量:1,4801.460kg
・燃料タンク:50L
・排気量:1.998L

 

AT〜6速MT(カタログ燃費)

・WLTCモード:11.812.8km/L
・市街地モード:7.58.8km/L
・郊外モード:12.513.7km/L
・高速道路モード:14.915.1km/L

 

86の燃費は概ね、リッター10km/L以上は出ているようです。しかし典型的なスポーツカーである86を購入しようという方なら、燃費はあまり気にならないかもしれませんね。

リッター10km/Lで換算しても燃料タンクは50Lありますから、一回の給油で単純計算500km/Lは走行できるということになります。東京から岩手や秋田などに行くには、片道分の距離くらいは一回の給油ですみそうなくらいですね。

86はスポーツカーなのに、割と良い燃費を維持できていますが、その理由はなぜでしょうか?

86の燃費は何故良いのか?について少し触れてみたいと思います。

 

86の燃費が割と良い理由を解説

 

引用:https://toyota.jp/86/performance/

水平対向エンジンは昔から燃費が悪いと言われていましたが、個人的には無駄を無くしたエンジンの理想形だと思っています。理由は重力に逆らわない形で、ピストンの反復運動をお互いの力で打ち消し合っているからです。通常の直列型やV型エンジンになるとピストンが上昇するきに重力の影響をもろに受けてしまうので、無駄な力がかかってしまうのです。

86のエンジンには特徴があり、インジェクターを2個搭載しています。通常のエンジン同様に、インテークマニホールド内にインジェクターをつける方法と燃焼室に直接燃料を噴射するD4というエンジンが組み合わさっています。

なんでこんなことをするのかというと、低速回転域(エンジン始動直後や走り始めなど)の時はトルクを高め力強い走りを得るため直接噴射で行い、高速回転域は筒内噴射で通常のエンジン同様のパワーを無駄なく得るためです。運転状況に応じてこの2種類のツインインジェクターを使い分けると同時に、圧縮比も高められるので低燃費で高出力・高トルクのエンジンとして使用できるのです。

つまりこの2種類のインジェクターを使い分けることによって燃料消費率を低減しているということです。

そして水平対向エンジンの特徴といえばそのエンジンサウンドです。ポルシェなども水平対向エンジンを搭載していますが、このエンジンサウンドに惹かれて購入するという方も多いはず!

 

引用:https://toyota.jp/86/performance/

86にはその水平対向エンジンの吸気音を高速回転域に達した時に、室内に取り込んでくれる『サウンドクリエータ』というものが搭載されています。水平対向エンジンのサウンドを余すことなく運転しながら室内で感じ取ることができるので、ワクワクしてきますね。

スポンサーリンク

86 燃費まとめ

トヨタ 新型 86のラインナップは、標準グレードの『G』から始まり、17インチアルミホイール、16インチフロントベンチレーテッドディスクブレーキ、本革ステアリングホイール、スポーツアルミペダルなどを搭載した『GT』、本革アルカンターラシートとシートヒーター、リアスポイラーなどが付いたGT“Limited”』に加え、5月31日までの限定発売となった『GT“British Green Limited”』など勢揃いです。

GT“British Green Limited”』などはアルカンターラシート表皮とシートヒーターが標準装備となっているためお得感は高いですね。

それぞれのグレードでMTとATが選択できるようになっていますが、そのミッションの構造上ATの方がやや重いため燃費が悪化してしまいます。燃費はスポーツカーなのでそここそこですが、内外装や装備の充実度合いはなかなか良いものがあります。

この機会に、是非憧れの86を乗り回してみてはいかがでしょうか?

 

 

愛車を高く売って、新車を安く買おう!

ディーラーでは下取り金額が30万円だったのが

買取り業者では70万円になることもあります。

1回の査定で大手下取り会社10社が買取価格を競ってくれるので

買取価格が跳ね上がるんです!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です