【中古車】オートオークションとは?車の競売所ってどんなところ?

 

この記事では一般の方にはあまり知られていないオートオークションについてご紹介していきます。オートオークションとは車を売り買いする場所なのですが、自動車関係のお仕事でもしていない限りまず関わることが無い世界です。今回はそんなオートオークションの魅力について触れていきます。

スポンサーリンク

オートオークションとは?そもそもどんなところ?

 

引用:https://www.ussnet.co.jp/auction/outline.html

自動車関係に携わっていた方なら耳にしたことはあるかと思いますが、この記事でお話ししているオートオークションとは業者のみしか参加できないオークションになります。一般的の方ではまず聞いたことも無い方の方がほとんどだと思います。

オートオークションは名前の通りですが、車がセリにかけられる場所です。車を売りに出す『出品店』と車を買いにくる『落札店』があり、その間を取り持つのがオートオークションです。イメージが湧きにくい方は基本的には不動産屋さんと同じ仲介業者だと認識しておくのが良いと思います。

ここで言う出品店と落札店とは『ディーラー』、『中古車販売店』、『輸出入業者』などを指します。

オートオークションで取引されている車両は様々ですが、一般的にはユーザーから『下取りや買取りで買い取った車』『地震や災害で使いものにならなくなった車』、『事故車』、『輸入車』など色々ありますが、全て中古車になります。

こうした車を売り買いする場所やシステムを提供しているのがオートオークションなのです。

オートオークションの会場を運営している会社

オートオークションという取引の場を提供している会社さんはいくつもあります。ここではいくつか代表的な会社さんをいくつか紹介するとともに、少し特徴についても触れていきます。

◼️USS【ユーズドカー・システム・ソリューションズ

引用:https://www.ussnet.co.jp/

業界最大規模を誇り全国で19箇所オークション会場を運営している会社です。業界シェアは34.4%と圧倒的です。千葉県の野田市にあるUSS東京会場は日本最大規模のオークション会場になり2万台を収容できると言われています。業界で初、現車会場をインターネット回線で結ぶ「インターネット・ライブ」を展したことでも知られています。

◼️TAA【トヨタオートオークション

引用:http://www.toyota-usec.co.jp/taa/area/

トヨタが運営するオートオークションです。ここはオートオークションの中でも専用の検査ラインを持っている会社です。とにかく設備がしっかりしているので、検査の質も業界トップレベルと言われています。

◼️株式会社オークネットオークネット

引用:https://motorcars.jp/oak-net-used-car-tv-auction-published-by-contracted-vehicle-category-in-april-ranking20170523

世界で初めて中古車のTVオークションを手がけた業界のパイオニア的な存在です。現在は中古車以外にも様々な商品などのオークションにも対応しているようです。

◼️アライオートオークション【http://www.araiaa.jp/

引用:http://www.araiaa.jp/bayside/

アライオートオークションは大正9年創業の荒井商事株式会社と言う会社がオークション事業を行っており、昭和62年からオークション事業を行っております。自動車以外でも、2輪車、産業機器や建設機器にも強いことで知られています。

その他にも以下のようなオークション業者があります↓

・NAA【日産オートオークション】
・HAA【ホンダオートオークション】
・ベイオーク
・JAA

スポンサーリンク

オートオークションに参加してる業者さんは?

 

引用:https://www.ussnet.co.jp/auction/site_equipment.html

オートオークションに参加できるのは、オークション運営側からの審査を通った業者さんのみが参加できるようになっています。

基本的に古物商を持っていないと参加が認められません。また過去に何か事件を起こしたりなどオークション運営側から信用に問題があると判断されるとオークションに参加することは難しくなります。また販売実績が少ない業者さんは参加できないという場合もあります。

問題が無いと判断された場合は、各会場にで定められた登録保証金を支払いIDが発行されるとようやくオークションに参加することができるようになります。

主に参加している業者さんは以下のような業者さんです↓

・ディーラー
・中古車販売店
・買取り専門店
・下取り専門店
・輸出入業者
・リース会社
・保険会社
・回し屋
・その他業者

このような業者さんが、自社の車を売りにきたり仕入れとしての活用などで国内外問わず利用されています。

ここで言う『回し屋』とは何か?回し屋とはオークションで仕入れた車を他のオークション会場で出品して落札価格よりも高く売ることにより利益を得ているような方達を指します。

その他業者とは実際に自動車関連の会社ではなくても、利用している業者さんもいると言うことです。

中には芸能人や大企業の社長さんなどから車を買い取る専門店なども存在します。いろんな企業さんが利用されていますが、自動関連の会社だけでなく幅広い業者さんに利用されています。それにいろんな国の方々が参加しているので面白いです。

 

オートオークションで取引されている車両ってどんな車があるの?

 

引用:https://www.ussnet.co.jp/

※画像は千葉県野田市にあるUSS東京会場です。

オートオークションで取引されている車は全て中古車になりますがどのような車が出品されているのか気になりますよね?

基本的にはユーザーから下取りや買取りで引き取った車両などがメインとなっています。つまりあなたが売った車がこのオートオークションに運ばれ取引されていると言うことです。

一応私が今ザッと思いつくだけ上げてみます。

・下取り車
・買取り車
・高級車【ランボルギーニやフェラーリなど】
・災害車【震災やその他被害に合った車などです】
・事故車
・リース車【リースアップなど】
・公安車両【パトカーや消防車など】
・産業廃棄物処理車【パッカー車や10t以上の大型廃棄物処理車】
・輸入車【日本では販売されていない車や海外仕様の車など】
・不動車【何らかの原因でエンジンがかからず動かない車です】
・キャンピングカー
・特殊車両

とにかくまあ……色々出品されています(^_^;)

日本では希少価値が高いような車なども取引されている上、普段なかなかお目にかかれないような車もちょくちょく出品されてます。

このような車がいろんな出品コーナーごとに振り分けられて出品されてます。

 

オートオークションは個人ユーザーでは参加できないのか?

オートオークションはどんなところか何となく知っていただいた上で、企業ではなく個人の方でも参加することはできないのか?

結論から言うと参加することはできませんが、間接的に参加することは可能です。また業者オークションではなくネットオークションなどはもちろん参加することは可能です。

間接的に参加することは可能というのは、実際にオークション会場に足を運ぶことはできませんが代行を利用して参加することが可能ということです。一般に自動車屋さんと言われる車の販売や定期点検整備を行う会社さんはオークション代行業務なども行っています。個人の方が参加する場合、こういった代行を利用して参加することが可能です。

ただし代行料などがかかってきますのでその辺はお財布と相談といったところでしょうが、代行料の相場は概ね40000円〜50000円といったところが相場です。またこれに陸送費用(車を会場に運ぶ運賃)などがかかってきたり、業者によってはオークションでかかる出品料や落札料などの分を上乗せして代行料を高く設定しているところもあります。

このオークションを利用するのにかかってくる費用分がオークション代行を利用上で一番の悩みどころといった感じです。

気になる方は、近くの自動車屋さんに相談してみましょう。

ネットオークションでは有名どころだとユーカーパックなどが有名です。

引用:https://carnosy.com/ucarpack-full-version/

車を売るのにかかる費用などは一切かからないというところも良いですが、何より通常の一括査定と違い営業電話がかかってこない、競合他社が多いため相場よりも高く売れることがあるという点が良いと思います。

少し調べてみたんですが、このユーカーパックの面白い点が大手のディーラーなどが参加していない代りに輸入業車や回し屋など通常の一括査定では参加していない業者さんがいるところです。つまり普段査定では出会えない業者さんが利用しているので、値段に関わらず落札する側が欲しいと思った車には飛びついてくる可能性があるということです。

もちろんですが普通の中古車販売店はたくさん参加しています。

ユーカーパックはもし希望の値段に届かなくても、一番高く値段をつけてくれた業者さんに商談を通して車を買ってくれるように交渉もしてくれます。気になった方は利用してみるのもありかと思います。

 

 

オートオークションの裏話

 

引用:http://o-dan.net/ja/

私がオートオークションで勤めていた頃の話しを少ししたいと思います。

といってもオークション側に不利益になるような情報は公開できないので、あくまで経験からの話です。

魔の事故車コーナー

 

引用:http://o-dan.net/ja/

オークションには被災地から運ばれてきた車や事故を起こした車なども出品されています。

ほとんどは損傷が激しいので乗ることもままならないのですが、この事故車コーナー何ですが夜になると不思議な空気に包まれます。私が先輩から聞いたのは夜白い服を着た女の人が立ってたとか、車の横を歩いていたら窓ガラスに手がついていたとかですが、基本事故車なのでこういったことが起きても不思議ではないのです。基本事故車は部品取りとして使われることが多いようですが、こういった車がまだビジネスとして成り立つというからすごいなと思います。

ちなみに検査の段階で血がついた車も稀に出てくるのですが、こいった車は出品不可です( ´ ▽ ` )

 

凄い売られ方をした出品車両

ある日、銀色の鏡面フェラーリが出品されてきた日があったのですが、『お!オーダーメイドだな……』とか思いつつ見ていました。状態もほとんど新車だし、勿体無いなと思いつつ何となく車内の乗り込みエンジンをかけて見ました。

ふとメーターのところを見て驚きました

『走行距離……2km……』

は?と思い先輩に聞いて見たところ、この車の元の持ち主がとある大企業の社長の息子さんだとかで、誕生日プレゼントに息子に買ってあげたフェラーリ何だとか、息子さんは走行距離2km乗って『飽きた….. 』と言って売りにきたんですと∑(゚Д゚)

何とまあ、せっかくの誕生日プレゼントを……

それにしても2kmでフェラーリをあっさり売ってしまうところが凄いですね(^_^;)

 

店頭で売られている中古車について

 

引用:https://response.jp/article/2016/11/11/285271.html

みなさんが普段目にしている車の窓ガラスに値段が貼られている車のほとんどは中古車になりますが、この中古車はほとんどオークション落札された車や車屋さんで下取りや買取りされた車を手直しして売られている車になります。

この販売価格についてですが、もともとみなさんが車を売った又はオークションで落札された時の価格よりおおよそ30万円高く売られています。これは販売店の利益や手直しにかかった費用などが含まれての値段なので、このくらいの価格設定になっているということです。

あくまで30万円というのは平均的な数字なのでこれより安く売られている車もあれば、高くついている車もあります。

つまり100万円で売られている中古車があった場合は70万円で取引されていた車両ということになります。

店頭で50万円くらいで売られていたりそれより安く販売されている車両などは事故車や修復歴有りの車だったりする場合が多いので気おつけておいた方が良いです。逆に明らかに状態が良い車などは一概には言えませんが、車を買い取った又は落札した価格に近い価格で販売されていることがあります。手直しする必要がほとんどないからです。

つまり何が言いたいのかというと店頭で安すぎる車にはあまり手を出さないほうが良いですよってことですね。単純に経年劣化で価格が安くついている場合もありますが、中古車を購入される際には販売価格より30万円下の値段で取引があった車両だと知っておくことによって購入する車の見方というのも変わってくると思います。

スポンサーリンク

オートオークションとは?まとめ

 

引用:https://endora.jp/kuruma_kounyuu/autoauction/

いかがでしたか?オートオークションというと、映画で出てきそうなVIPが通う場所を想像していた方もいると思いますが、現実は違います。

海外とは違いオートオークションがこれだけ普及しているのは、日本だけらしいです。一時期業界最大手のUSSが海外でオークション事業を展開した時期がありますが、失敗に終わっています。海外では需要がないようです。

オークションの魅力といえば、やはり市場にはあまり出回らないようなレアな車に出会えるところだと思います。もっとも全て中古車とはなりますが、欲しい車がなかなか見つからないという方はオークション代行などで車を探してもらい中古で手に入れてみるのもアリかと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です