トヨタ新型 RAV4 燃費まとめ!

車を購入する際に今では欠かせないのが燃費にです。燃費は消費者のお財布に直結する大事な要素となっていますので、車を選ぶ際に大事な判断基準の1つとなっています。この新型RAV4の燃費について詳しく書いて見ましたので、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

新型RAV4の燃費を公開

 

引用:https://car777.xyz/2019/02/22/rav4-fuel/

メーカーが公開している新型RAV4のカタログ燃費は以下の通りです。

  ガソリン車 ハイブリッド車
WLTCモード 15.2-15.8km/L 20.6-21.4km/L
WLTC(市街地モード) 11.5-11.9km/L 18.1-19.4km/L
WLTC(郊外モード) 15.3-16.1km/L 22.4-23.4km/L
WLTC(高速道路モード) 17.4-18.1km/L 20.7-21.1km/L
JC08モード 25.0-25.2km/L

 

WLTCモードとは従来のJC08モード燃費とは異なり、新たに国際的な燃費の計測基準として2018年10月以降に発売された車種に掲載が義務付けられているものです。

簡単言うとWLTCモードの方がユーザーが実際に車を使っているときの燃費に近い計測の取り方をしていると言った方がわかりやすいかもしれません。

ガソリン車のJC08モード燃費に関しては非公表となっています。

新型RAV4では主要燃費改善対策という点においてはトヨタのラインナップとして初の技術がいくつか搭載されていますので今度はそちらをご紹介していきます。

 

新型RAV4の主な燃費改善対策とは?

 

引用:https://toyota.jp/rav4/performance/?padid=from_rav4_navi_performance

主な燃費改善対策についてですがトヨタ自動車のHPには以下のように記載があります。

ガソリン車には、胸のすく動力性能と、優れた低燃費をもたらす2.0L直列4気筒エンジンを搭載しています。マルチホールの直噴インジェクタやロングストローク化などにより、燃焼を高速化。さらに、吸気バルブの開閉タイミングを最適制御するVVT-iEを採用し、レスポンスを向上させています。また排気・冷却・機械作動時などのエネルギーロスも低減し、最大熱効率は40%に到達。全域でのトルクアップと燃費向上を高次元で両立させました。

 

これだけだとわかりづらいという方もいると思うので少し詳しく説明していきたいと思います。

引用:https://global.toyota/jp/mobility/tnga/powertrain2018/engine/

エンジンの中にはこのようなピストンという部品が存在しますが、これが爆発のよる熱エネルギーを上下動する運動エネルギーに変えています。この際にピストンの周りを覆うシリンダーブロックとの摩擦が生じるわけですが、トヨタ自動車はここに着目して摺動部に鏡面加工を施して低フリクション化を実現しています。溝を設けることによって耐スカッフ性能(引っかき傷に対する耐性)を向上することによって高燃費を実現しているということです。

 

引用:https://global.toyota/jp/mobility/tnga/powertrain2018/engine/

そしてシリンダヘッド(エンジン上部を覆う部品)とバルブの密着面にも改善がなされています。

エンジンには外部から空気を送り込む入り口と爆発(燃焼)した後に排気ガスを外に出す際の出口が設けられていますが、その入り口をバルブが正確なタイミングで開け閉めすることによって空気を送り込んだり排気ガスを外に出したりしています。

空気を送り込む際に口を開けるバルブの角度とレーザークラッドバルブシート(バルブとの接地面)を変えることによって吸入空気量とシリンダ内部に入った際に発生するタンブル流(空気の渦みたいなもの)を高次元で両立させることに成功しています。

シリンダ内に送り込まれた空気は噴射されたガソリンと混ざって混合気となりますがこの際に送り込まれた空気の渦が大きいほどよくガソリンと混ざり合うことになるので燃費にも出力にも良い影響があるということです。

以上紹介した主な燃費改善対策が従来の最大熱効率40%から41%へ向上することに成功しています。

41%しかないと思うかもしれませんがこの1%を伸ばすのが今の人間の技術ではかなり難しいのです。

熱効率とは?
熱機関(エンジン)の性能を表現する数値。熱としてのエネルギーのうち機械的なエネルギーに変換される割合がどのくらいあるかということ

スポンサーリンク

新型RAV4の実燃費は?

 

引用:https://lexus.jp/models/ux/gallery/

新型RAV4の燃費を参考にする際に実燃費はまだ発売まもないということもあるため、あまり参考になるようなデータが取れなかったので、レクサスUXを参考にしてみたいと思います。理由はエンジンがそもそも同じだということと共通する部分が多いSUVだからです。

レクサスUXのカタログ燃費対する燃費達成率を見ると54〜80%となっています。

運転の仕方や利用状況によって異なっていますので参考程度にしておいてください。

概ね15km/L以上出ると考えておいて良いと思います。

実際にレクサスUXの実燃費をe燃費でみてみると最低で17.46km/Lとなっています。

それではここで新型RAV4の実燃費の口コミがいくつか価格.comで公開されていましたのでそちらをみてみようと思います。

 

街中でおよそ15km/Lほどでした。20kmくらい行くかと思ったのでちょっと残念。

◼️HYBRID G購入者

 

私の運転の仕方では、ほとんどハリアーハイブリッドと変わりません。
燃費はリッター17くらいですね。

◼️HYBRID G購入者

 

ハイブリッド車の実燃費は16.0km/L前後ガソリン車の実燃費は12.0km/L前後になるものかと思われます。
この燃費性能は、「CR-V」と同程度で、ミディアムクラスSUVの中ではトップクラスの燃費性能になります。
※実燃費は季節や使用環境により異なると思います。

ちなみに、ハイブリッド車とガソリン車の価格差が50万円程度あるため、燃費性能の良さで金額差を埋めるには、年間1万7千km以上走って10年間使用しないと難しいです。そのため、燃費性能の良さでハイブリッド車を選択することは、おすすめできません。

◼️Adventure購入者

 

HYBRIDで概ね15km/L以上、ガソリン車で10km/L以上といったところのようです。ユーザーの意見なのであくまで参考程度として捉えていただきたいと思いますが、口コミやレビューではHYBRID Gのレビューが多く、ガソリン車は少なかった印象です。

HYBRIDを購入する方の多くは比較的に年齢層が高めの方に多いようで、実車を購入してから長く乗られることを前提とした購入が多いようですがガソリン車の価格と比較すると約60万円近く差があります。

口コミにもありましたが、燃費がよくても車両価格に対して元を取り返せるかといった部分においては燃費の良さだけでHYBRIDの購入をお勧めすることはできません。最近などはエコカー減税などの後押しもあってか積極的にHYBRIDの購入をする方が増えているといった印象ですが、今年の10月以降に購入しても初回以降の車検では減税がなされないグレードもあります。

加えて車両が故障した際にかかってくる金額もHYBRIDの方が割高です。(部品代など)

これからのライフプランに合った形で購入することをおすすめしたいものです。

 

新型RAV4の燃費のおすすめ動画!

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ここまで新型RAV4の燃費について紹介してきましたが、現在は燃費だけで車を選ぶ時代は衰退化しつつあります。

ユーザーは燃費以外にも走りといった点に評価基準をシフトしつつあるため、新型RAV4はその点を上手くまとめあげた車種に他ならないといった印象です。

実燃費だけでいうと同クラスのSUV(他社メーカーも含む)としては優秀な方だと思います。デザインなどに惹かれて購入する方もいるとは思いますが、燃費で選ぶ場合は自分の生活スタイルや今後のライフプランに合った形で選びましょう。

ミニバンからの乗り換えを検討されている方もいると思いますが、ミニバンよりはかなり良い燃費を出してくれます。最新技術も沢山詰まった新型RAV4を購入している方は是非こちらもご参考にしてみてください!

 

そろそろ新車に乗り換えたいと思っているあなたへ!

私の車そろそろ買い替え時なんだけど……

  • 『欲しい車は高い……』
  • 『上手く値引きができる自信がない……』
  • 『ディーラーを回るのが面倒だ……』
  • 『新車を最安値で買いたいけど……』
  • 『ディーラーの売り込みが苦手で……』

と悩んでる方はたくさんいらっしゃいます

家族や友人に相談しても
まともに取り合ってもらえず

いくら頑張っても
欲しい車に手が届かない

そんなお悩みを持つ方に
うってつけの裏技をご紹介します!!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

 

ディーラーでは下取り金額が30万円だったのが

買取り業者では80万円になることもあります。

こちらの一括査定サイトを使うことで

大手下取り会社10社が買取価格を競ってくれるので

買取価格が高くなるんです!

車の査定、後回しは絶対に損!!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です