プレミアム感漂うMercedes me Tokyoの体験インプレッション【ベンツのカフェもちょい見せ】

Mercedes Me Tokyo

 

最近自動車メーカーが運営するカフェが続々と登場しているのをご存知ですか?今回は六本木にあるメルセデスベンツが運営するMercedes me Tokyoに行ってきましたので、その体験インプレッションをお届けしていこうと思います。

カフェと言うと、空いている穴場スポットなどを探している方は多いのではないでしょうか?一人でゆっくりできる場所探してませんか?

今回紹介するのはカフェ兼、ベンツの車が試乗できるライフスタイル型ショールームというもので、通常ディーラーなどでできる市場とはちょっとタイプが異なるものだと私は思います。

気になる方はこのまま読み進めてみてくださいね。

スポンサーリンク

Mercedes me Tokyoのコンセプト

 

Mercedes me Tokyo

引用:https://www.mercedesme.jp/concept/

 

まずはこちらのカフェのコンセプトとは何か?こちらは公式ホームページに掲載されていた内容を引用させていただきますね。

 

2017年10月、
Mercedes-Benz Connectionは、Mercedes meへ。

2011年7月、
“つながる・つなげる”をコンセプトに、メルセデスブランドの活動として、

東京六本木からスタートしたブランド情報発信拠点「Mercedes-Benz Connection」。

Mercedes me Tokyo

2011年7月オープン時の Mercedes-Benz Connection

メルセデス・ベンツブランドとして世界で初めて展開するカフェやレストランラウンジを中心とした施設として好評を博し、

東京・六本木と大阪・梅田の2拠点で、約650万人(2017年9月末時点)のお客様にご来店いただきました。

2014年からは新しいお客様との関係作りを強化する店舗として「Mercedes me」という名前のストアがグローバル展開され、

今後2020年までに世界40箇所への開設が予定されています。

 

簡単に言うとメルセデスベンツに関する最新情報の発信拠点ということです。

実際に店舗に行って見ましたが、流石はベンツと言うべきでしょうか……お洒落な店内もそうですが、店内にベンツの最新車両が展示されていました。

ディーラーではお目にかかれない車両が試乗できたり、見て触ったりできるところが特に良いと思いました。

店内にはベンツのカフェやゴルフグッズ、車両に使えるアイテムなどが販売されていたりしていました。こちらは後ほど掲載してます。

ベンツオーナーには特にたまらないと思うほどクオリティが高い場所なので、一度は訪れて置きたい場所ですね。

 

Mercedes me Tokyoの店内にあるカフェがかなりオサレ

 

メルセデス 六本木 カフェ

引用:https://dot.asahi.com/dot/2014022800042.html

 

個人的には今回は試乗が目的と言う訳ではなく、単純にベンツのカフェというだけでかなり興味が湧いたというところからきています。

第一印象は雰囲気いいなあというだけでなく、通常都心部のカフェでよくある狭い感じの店内というのがなかったところが良かったと思います。

カフェスペースの中央には電源コンセントが併設されたテーブルがあり、私のような自動車系ブロガーにはかなりうってつけの場所!

店員さんに聞いたところ、土日はやはり混むことが多いそうですが平日なら割と空いてることもあるそうです。

せっかくなので何か注文して見ました。

 

メルセデス 六本木 カフェ

 

美味しそうですね( ・∇・)b

私はカフェには疎いですが、この手のクリームでアレンジを効かせたコーヒーは好きです。というか初めて頼みました。

サンドも大きすぎず、ちょうど良いサイズだったのでこれなら女性でもペロリと平らげてしまうんではないのかな?

コーヒーも優しい甘さで美味しかったです。

カフェスペースだけは全体的に柔らかいデザインの店内となっているため、ベンツの黒を基調としたデザインとは異なる感じです。最新車種を眺めながら美味しいコーヒーをいただき、ここなら記事を執筆するには最適だなあと思いました。

スポンサーリンク

Mercedes me Tokyoの店内と最新車種を一部紹介【2019年7月現在】

 

Mercedes me Tokyo

 

こちらは店内を撮影した画像になりますが、いたるところに座席が用意されているのでとても楽です。

向かって奥のスペースがカフェのスペースになります。こちらはブース側でベンツの車両などが展示されている場所になります。

 

Mercedes me Tokyo

 

左奥側にはベンツが手がけるゴルフグッズが販売されています。少し眺めて見てはいましたが、やっぱり良い値段しますね(^_^;)

ウェアなどは結構手頃な値段で販売されているものもありましたよ。

 

Mercedes me Tokyo

 

そしてこちらがベンツが開発した完全なる電気自動車です。ヘッドライトだけならRAV4に少し似ているかな?

外装色はハイテックシルバー、内装色はレザーツイン(インディゴブルー/ブラック)となり、こちらで展示されている車両はオプション無しとのことでしたが、電気自動車のSUVとしての出来栄えはかなりのものがあると思います。

 

EQC 400 4MATIC

 

そしてこちらがリアデザインです。近未来感が半端ないです。

充電はそこからするのね……

一瞬ロボコップかと思ってしまいそうなリアデザインに苦笑いしてしまいました。テールランプが赤なのとシルバー系の外装色なのでそう感じてしまうのかもしれませんね。

個人的には好きな部類です。

こちらの内装の画像も摂ってこようと思っていたのですが、詳細に関してはまた別途記事として掲載することにします。

今回はざっと外観だけとなりますが、EQC 400 4MATICは六本木に展示されている車両に関しては予告なく展示を終了としてしまうようなので、気になる方はお早めに!

 

GLE 450 4MATIC Sport

 

そして今回はGLE 450 4MATIC Sportも展示されていたのでついでに見てきました。

こちらは試乗もしてきたんですが、ドライブフィールもさながら内装の雰囲気と質感にやられた感じがします。

もうね……別格です笑

こちらの展示車両は価格が1171万円とかなり高額。

スタッフと試乗の際に少し話しをしていたところ、先進の安全装備として車線変更する際のアシスト機能が加わっているとのこと。勘違いしないで欲しいのは、車線からはみ出さないようにするための機能ではなく、車線変更する際の安全装備だそうです。

こちらも詳細についてはまた改めて記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

 

いかがでしたでしょうか?名前だけで敷居が高いと感じてしまうかもしれませんが、正直な感想としてかなり行きやすいです。

店員さんも親切にしてくれましたし、何よりディーラーとの違いとして試乗するスタッフの売り込みがないことで安心感がありました。

トヨタのメガウェブでは試乗する際に300円取られますが、ベンツは試乗にお金がかからない上にコーヒーまで無料でいただけちゃうんですね(^_^)

ユーザビリティ高いですね。

営業時間などの詳しい情報を下記に記載しておきますので気になる方は行ってみてくださいね。

Mercedes me Tokyo(六本木)

◼️ADDRESS

〒106-0032 東京都港区六本木7丁目3番10号

 

◼️ACCESS

・東京メトロ千代田線 乃木坂駅 3番出口より徒歩2分
・都営大江戸線 六本木駅 7番出口より徒歩5分
・東京メトロ日比谷線 六本木駅 4a出口より徒歩7分

専用駐車場無し

 

◼️OPENING HOURS

GALLERY(TRIAL STATION) 10:00-20:00
DOWNSTAIRS COFFEE 7:00-23:00(L.O.22:30)
UPSTAIRS
– ランチ 11:00-16:00(L.O.14:30)
– ティータイム 15:00-18:00(L.O.18:00)
– ディナー 18:00-23:00(L.O.22:00)
– バー 11:00-24:00(L.O.23:30)

 

◼️TEL

GALLERY(TRIAL STATION) 03-3423-1256
DOWNSTAIRS COFFEE 03-3423-8772
UPSTAIRS 03-3423-8775
Mercedes me NEXTDOOR 03-3478-8381

それではまた!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です