新型スープラがついに発売!価格やスペックをグレード別に紹介

新型スープラ価格スペック

 

ついに新型スープラがついに発売されましたね。2019年の東京オートサロンでは新型スープラのカモフラージュカーも登場し発売を今か今かと待ちわびていた方も多いと思います。価格は最安値のグレードで490万円からとなり、そのスペックなども気になっている方も多いと思います。

今回の新型スープラは完全にBMWとの共同開発となり、私も実際の車両を見てまいりましたが内装などからBMWの匂いがプンプンします。

外装だけになりますが実際に見てきた車両の画像なども少し使ってご紹介して行こうと思います。

検討されている方は是非とも読み進めてみていってください!

スポンサーリンク

新型スープラの価格と値段をグレード別にご紹介

 

新型スープラ価格値段

引用:https://toyota.jp/supra/

 

ここでは新型スープラの気になるお値段をグレード別に紹介していきます。価格は冒頭でもお伝えはした通り、最安値のグレードで490万円からとなっています。尚グレードは個性がはっきりと異なる3グレードのラインナップとなっています。

最安値のグレードなら頑張れば手に入る価格なのが良いところ、決して安いとは言えない値段ですが新型スープラの素性の良さを味わうなら最安値のグレードの方が良いとの声もあります。

グレード別の細かな違いについても触れていきますので、グレード別で価格や装備といった点以外に何が違うのか?というところがイマイチわからないという方はそのまま読み進めていって見てください!

 

SZ:490万円〜

 

新型スープラ価格値段

引用:https://www.toyota-mobi-tokyo.co.jp/carlineup/supra/grade

 

SZは車両価格を抑えたベーシックグレードです。

上級グレードに備わっているAVS(アクティブバリアブルサスペンションシステム)やアクティブディファレンシャルが備わらないことなど、装備類などが簡素化されておりスポーツカーなどを好んで買う方なら、カスタマイズやチューニングがしやすいグレードと言えそうです。

SZが最安値のグレードだからといって侮ってはいけません!

スープラの良さを味わうなら4気筒モデルが良いとの声もあり、とは言え昔のA80スープラに馴染みのある方ならやはり直列6気筒エンジンが良いと思う方も多いと思います。

基本的な走りの特性は同じになりますが、エンジンが最上級グレードの6気筒エンジンではなく4気筒エンジンのため前後の重量配分に違いが出てきます。

新型スープラは前後重量配分が50:50にこだわっていますが、これは『RZ』が乗員を乗せた状態、『SZ』・『SZ-R』は空車状態で計算されたものとなり『SZ』・『SZ-R』の場合人が乗り込むと若干リヤヘビーとなるためその重量配分の違いによりハンドリングに違いが生まれているようです。

加えて17インチホイールということもあり、操作に対する車の動きが直感的なところもGOOD!

雑味のない新型スープラの本来の良さが味わえるという仕上がりになっています。

 

SZ-R:590万円〜

 

新型スープラ価格値段

引用:https://www.toyota-mobi-tokyo.co.jp/carlineup/supra/grade

 

中間グレードに位置する『SZ-R』が他のグレードと違う点はシャシー周りが『RZ』に近く、タイヤは18インチ(ミシュラン・パイロット・スーパースポーツ)となり、AVSが搭載されている点です。

走りに関しては『RZ』に近いとよく言われていますが、直4と直6からくるパワーの違いが直線では『RZ』に部があるものの、軽いエンジンと『SZ』に近いハンドリングの良さからコーナーではなかなか良い評価を得ているようです。

エンジン自体は『SZ』と同じながらも、出力という観点から見ると60psほどの違いがあるため実際に試乗をしてみて『SZ』のパワー不足を感じるようなら『SZ-R』にしてみるのも良いと思います。

今回の新型スープラはグレードが上がるごとに100万円値上がりするため、装備やドライビングフィールなどいろんな点を考慮して購入を決めたいところではありますが、中間グレードに位置する『SZ-R』は安全装備という点も含めてトータルバランスに優れているグレードと言えそうです。

 

RZ:690万円〜

 

新型スープラ価格スペック

引用:https://www.toyota-mobi-tokyo.co.jp/carlineup/supra/grade

 

最後に最上級グレードのRZについてのご紹介となります。

最上級グレードということもあり装備内容も凄みがありますが、大きく違う点はスープラの伝統とも言える直列6気筒エンジンが搭載されているところです。

新型スープラに搭載されているエンジンは3リッターの340psを誇ります。昔のスープラに馴染みのある方なら是非ともこのグレードを選びたいというところ!

そもそも何故直4と直6が設定されているのか?これは調べたところ、86などを所有しているユーザーがスープラへステップアップしやすくするために直4という形のエンジンが搭載されたグレードを用意したそうなのです。

 

新型スープラ価格スペック

引用:https://toyota.jp/supra/design/?padid=from_supra_navi_design

 

また『RZ』を選ぶ理由の1つとしてこの内装カラーである『イグニションレッド』の存在が上がってきます。こちらの内装カラーは『RZ』専用色となります。

シートはレザーとアルカンターラの仕様となり、もちろんパワーシート付きです。

赤はスポーツカーの代名詞です。加えて赤と黒のコンビネーションが50代以降の方に受けそうな組み合わせですね。ドライバーを囲い込むように作られた運転席周りも新型スープラの特徴とも言えます。

『RZ』はエンジンと装備内容以外に大きな違いは見られません。基本的にサイズ・トランスミッションなどは同じなので、スープラ特有のハイパワーエンジンが味わいたいという方なら『RZ』がオススメです。

 

新型スープラのスペック

 

新型スープラ価格スペック

引用:https://toyota.jp/supra/performance/?padid=from_supra_navi_performance

 

新型スープラのスペックを紹介するにあたり、項目別にご紹介していこうと思います。

グレードごとの違いは何か?そういった点も含めて書いていきますね。

 

エンジンスペック

 

SZ

◼️エンジン:直列4気筒DOHC

◼️総排気量(cc):1998

◼️最高出力 kW [PS]/r.p.m.:145[197]/4,500

◼️最大トルクN・m [kgf・m]/r.p.m.:320 [32.7]/1,450〜4,200

 

SZ-R

◼️エンジン:直列4気筒DOHC

◼️総排気量(cc):1998

◼️最高出力 kW [PS]/r.p.m.:190[258]/5,000 

◼️最大トルクN・m [kgf・m]/r.p.m.:400[40.8]/1,550〜4,400

 

RZ

◼️エンジン:直列6気筒DOHC

◼️総排気量(cc):2997

◼️最高出力 kW [PS]/r.p.m.:250[340]/5,000

◼️最大トルクN・m [kgf・m]/r.p.m.:500[51.0]/1,600〜4,500

 

エンジンは基本的にBMW製のユニットを搭載してますが、そこからトヨタ独自の味付けがなされています。

エンジンだけでのグレードの選択は難しいとは思いますが、各エンジンの特徴を考慮した場合にどういったユーザーに適しているのか?といったところは気になりますよね?

結論を言うと

SZは街乗りとして最適なグレード
SZ-Rは街乗りも含めて峠道なども軽快に走りこなしたい方向け
RZは全ての条件を満たしたいユーザー向け

と言った感じ。

SZとSZ-Rもエンジンだけで比較するのは厳しいですが、例えるなら86とBRZどちらが良いですか?と言えばわかりやすいでしょうか……。

基本的にグレードごとに最高出力が異なるため、パワー感だけの違いかもしれませんが、スープラ本来のエンジンスペックを求めるのであれば『RZ』が良いですね。

 

サイズと重量

 

新型スープラ価格スペック

引用:https://toyota.jp/supra/performance/?padid=from_supra_navi_performance

 

新型スープラはグレードごとのサイズに違いはありません。全グレード共通で外観サイズも室内サイズも同じになります。

以下の通り

◼️全長:4,380mm
◼️全幅:1,865mm
◼️全高:1,295mm

◼️室内長:970mm
◼️室内幅:1,460mm
◼️室内高:1,060mm

◼️ホイールベース:2,470mm

サイズでのグレード選びには悩むことはなさそうですね!

 

グレードで異なってくるのはトレッドと重量です。

重量に関してはSZが1,410kg、SZ-Rは1,450kg、RZが1,520kgと最安値ぼグレードから最上級のグレードでは約100kg程の差があります。ここに関してはエンジンの重さや標準装備などの違いがあげられます。

標準装備に関してはこちらでは解説しませんが、基本的にスープラは前後重量配分50:50を意識した時にバランスの取れたグレードはRZになります。重量はハンドリングなどに影響してくるため、この点を最大限に発揮させたいのであればRZがオススメです。

 

次にトレッドです。

新型スープラ価格スペック

 

この記事を読んでいる方は車を購入する時にトレッドなどを気にして購入したことがあるでしょうか?

トレッドとはクルマの主要諸元のひとつで、左右のタイヤの中心間距離のことを言います。車の性格や特性はこのトレッドとホイールベースの大小で決まると言われているくらいです。

分かりやすく言うとワイドトレッドになればハンドリングはキビキビとしたものになり、トレッドが小さいと直進安定性や乗り心地が良くなると言われています。

そしてホイールベースをトレッドで割った数字をトレッド比と言い、これが新型スープラでは1.55という数値を叩き出しています。

新型スープラのホイールベースは全グレード共通で2,470mmです。これをSZとSZ-Rのフロントトレッドで割ると以下のような数値が出てくる。

SZ / SZ-R

2,470÷1,595 = 1.54858934

四捨五入すると1.55です。

一般的にこの1.55と言う数値がイメージしにくいと思いますが、この1.55と言う数値を基準にした場合、他のメーカーの車だとどのようになるのか?

以下の通りになります。

ポルシェ911:1.54
メルセデス・ベンツSLC:1.56
フェラーリ488GTB:1.58
NDロードスター:1.54
クラウンアスリート:1.84

このようにトレッド比が小さいほど直進安定性や乗り心地が良い車となるため、これから新型スープラを購入しようとしている方は参考にしてみてもらいたいと思います。

ちなみに最上級グレードの『RZ』の場合トレッド比は1.53となり、SZとSZ-Rを凌ぐスペックとなっています。

スポンサーリンク

新型スープラ価格とスペックまとめ

 

新型スープラ価格スペック

 

ここまで新型スープラの価格とスペックについて解説してきました。

スポーツカーファンが待ち望んだスープラが復活と言うこともあり私も、いても立ってもいられずトヨタメガウェブへスープラを見てまいりました。

本記事でも少し画像を載せておきました。

新型スープラは価格が490万円・590万円・690万円とそこそこいい金額です。一部2019年内の受注は終了したとの報道があったようですが、トヨタGRガレージに問い合わせて見たところ年内の納車はできないとのことでしたが受注は行っているとのことでした。

新型スープラのスペックも記事で解説できるところでは限界があるので、実際に見て触って感じて欲しいと私は思っています。

既に人気に火がついてしまっている新型スープラですから、納期もとんでもないことになりそうな気配が漂っていますね(^_^;)

新型スープラが早く欲しいと言う方はなるべく早く注文しに行った方が良いですよ!

 

 

そろそろ新車に乗り換えたいと思っているあなたへ!

  • 『欲しい車は高いし……』
  • 『上手く値引きができる自信がないし……』
  • 『ディーラーを回るのが面倒だ……』
  • 『新車を最安値で買いたいけど……』
  • 『ディーラーの売り込みが苦手で……』

と悩んでる方はたくさんいらっしゃいます

ディーラーに行って見積り額を提示されても

この金額で決断して良いのだろうか?

(・ω・`)ぐぬぬ……

もっと安く新車を買う方法は無いのか?

だけど

どんなに頑張っても欲しい車には

手が届かない(つω-`)

そんな方にうってつけの方法をご紹介します

 

下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

 

ディーラーでは下取り金額が30万円だったのが

買取り業者では80万円になることもあります。

こちらの一括査定サイトを使うことで

大手下取り会社10社が買取価格を競ってくれるので

買取価格が高くなるんです!

 

もし買取り金額に納得できなかったらキャンセルしてもOK!

とりあえず自分の愛車がいくらになるのか知っておくだけでも良いと思いますよ🎶

車は消耗品です、時間が経てば経つほど買取金額は下がって行きます。

車の査定、後回しは絶対に損!!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です